「ガールズ ラジオ デイズ」利用規約

第1条(総則)

  1. この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社ドワンゴ(以下「運営会社」といいます。)が、中日本高速道路株式会社と共同製作するオリジナルIP「ガールズ ラジオ デイズ」の公式ファンクラブアプリとして提供するスマートフォン用アプリ「ガールズ ラジオ デイズ」(アプリにより提供及び配信される各種のサービス及びコンテンツを含み、以下、総称して「本アプリ等」といいます。)に関して、本アプリ等の利用者(以下、単に「利用者」といいます。)と運営会社の間の本アプリ等の利用に関わる一切の関係に適用されます。
  2. 運営会社が本アプリ等上で掲載する本アプリ等の利用に関する注意事項及びルール等は、本規約の一部を構成するものとします。
  3. 本アプリ等の利用開始をもって、本規約のすべての条項にご同意いただいたものとさせていただきます。
  4. 利用者が未成年者の場合には、親権者に本規約を確認して頂き、親権者の同意を得て本アプリ等をご利用ください。本アプリ等をご利用された未成年の利用者は、親権者の上記同意を得て利用しているものとみなします。

第2条(利用許諾)

  1. 運営会社は、利用者に対して、非独占的、譲渡不能及び再許諾不能な本アプリ等の利用を日本国内において無償で許諾します。ただし、運営会社は、将来的に、本アプリ等の一部のサービス及びコンテンツを有料で提供する可能性があります。
  2. 本条の定めは、利用者に対する本アプリ等に関する著作権その他何らの権利の譲渡等も意味するものではありません。

第3条(使用環境等)

  1. 本アプリ等は、利用者の保有する次項所定の対応端末において利用することができます。利用者は、自己の責任と費用負担により、本アプリ等を対応端末にダウンロード及びインストールするのとし、本アプリ等を利用するにあたり必要な対応端末、ソフトウェア、対応端末の通信回線等は、利用者ご自身でご用意ください。
  2. 本アプリ等は、ヘルプページに記載する対応端末で動作することを確認していますが、当該対応端末の機種やOSにおける本アプリ等の正常な動作を保証するものではなく、次の各号に掲げる事象があっても運営会社はサポート等を含む一切の責任を負うものではありません。
    ①利用者がお持ちの対応端末の種類やOS並びにそれらのアップデートによっては、本アプリ等のコンテンツその他の情報が正しく表示されない場合があります。
    ②対応端末の通信状態や、利用者の設定状態によっては、本アプリ等の全部又は一部の機能についてご利用になれない場合があります。
    ③対応端末にインストールされている本アプリ等以外のアプリケーション等並びにそれらのアップデート等によって、対応端末の動作が不安定になる場合があります。
  3. 本アプリ等のダウンロード時及び本アプリ等の利用中にデータ通信が発生する場合の当該通信にかかる費用は、利用者の負担となります。

第4条(収集する情報とその取扱い)

  1. 運営会社は、本アプリ等の「お便り投稿機能」からお送りいただいた、「メッセージ」および「リスナー名」を、本アプリ等において公開することがあります。
  2. 運営会社は、前項所定の情報を除いて、本アプリ等の「問合せフォーム」等において、利用者から提供を受けた個人情報その他の情報を、本アプリ等の運営、お問い合わせ対応、本アプリ等の利用状況に関する調査分析及び改善、並びに新規サービスの企画検討のために利用します。
  3. 運営会社は、前項所定の個人情報その他の情報については、自己の個人情報保護基本方針に則って取扱います。
    ・株式会社ドワンゴの個人情報保護基本方針 http://dwango.co.jp/managerial/personal.html
  4. 運営会社は、本アプリ等において、利用者の皆様に最適化したサービスを提供するために、Cookie及びCookie同等の技術(以下、総称して「Cookie等」といいます。)を利用しています。 Cookie等とは、運営会社が、利用者に関する情報を利用者の端末に一時的に保存する技術のことで、運営会社は、Cookie等を利用することにより、利用者が再度本アプリ等を利用した際に、過去に利用者が本アプリ等において設定した投稿者ネーム等の情報を表示させて、利用者ごとに最適化された本アプリ等を提供することができます。 運営会社は、利用者が本アプリ等において個人情報を入力しない限り、Cookie等の利用にあたり、特定の個人を識別することはできません。

第5条(著作権等の帰属)

  1. 本アプリ等に関する著作権を含む知的財産権その他一切の権利は、運営会社又は正当な権利を有する第三者に帰属します。 利用者は、それらの権利について、何らの権利も取得するものではありません。

第6条(禁止事項)

  1. 利用者は、本アプリ等を利用するにあたり、次の各号のいずれかに該当する行為をしてはならないものとします。
    ①本アプリ等を、利用者の私的利用の範囲を超えて、営利目的や商用目的等に利用する行為
    ②本アプリ等の複製、翻案、改変その他運営会社及び第三者の知的財産権、肖像権、その他の権利を侵害する行為
    ③本アプリ等のリバースエンジニアリング、逆コンパイル又は逆アセンブルその他本アプリ等のソースコード及びアイデア等を解析する行為
    ④本アプリ等を、法令、本規約又は公序良俗に反する目的又は態様で利用する行為
    ⑤本アプリ等にかかるネットワーク、システム及びサーバー等に過度な負荷をかける行為
    ⑥本アプリ等の運営を妨害する行為
    ⑦反社会的勢力等への利益供与
    ⑧運営会社が不適切であると考える行為
    ⑨その他前各号に準じる行為
  2. 利用者は、前項所定の禁止行為を行ったことにより、運営会社が損害を被った場合、利用者は運営会社に対して当該損害を賠償する義務を負うものとします。

第7条(非保証及び免責)

  1. 運営会社は、本アプリ等について、特定目的への適合性、期待する機能及び商品的価値、完全性、正確性、有用性を有すること、利用者による本サービスの利用が利用者に適用のある法令に適合すること、不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。本アプリ等に不具合が発見された場合、不具合解消に努めますが、その実現を保証するものではありません。
  2. 運営会社は、事前の予告なく任意の理由で本アプリ等の全部又は一部の運営を中断又は停止する場合があります。運営会社は、利用者が本アプリ等を利用したこと若しくは利用できないこと、又は本アプリ等からのリンク先を利用したこと若しくは利用できないことによって利用者に生じた損害、及び本規約の条項のいずれかに利用者又は他の利用者が違反したことに起因又は関連して利用者に生じた損害について、直接的又は間接的な損害を問わず一切責任を負わないものとします。但し、消費者保護法により、利用者が保護される強行規定が存在する場合には、これを否定するものではありません。

第8条(本アプリ等の変更及び終了)

  1. 運営会社は、運営会社の都合により、本アプリ等の全部又は一部の内容を変更し、又は運営を終了することができます。運営会社が本アプリ等の全部の運営を終了する場合、運営会社は原則として利用者対して、本アプリ等上において事前に通知又は公表します。なお、運営会社は、本アプリ等の全部又は一部の内容を変更又は運営を終了したことに起因して利用者が損害を被ったとしてもその責任を負いません。

第9条(本規約の変更)

  1. 運営会社は、本規約を任意に変更することができます。運営会社は、本規約を変更する場合、原則として、変更する旨、変更内容及び効力発生時期を本アプリ等上に通知又は公表する方法により利用者に周知し、利用者は本規約の変更後に本アプリ等を利用したことをもって、変更後の利用規約に同意したものとみなします。

第10条(一般条項)

  1. 本規約に定める条項の一部が強行法規への抵触その他の理由により無効とされた場合であっても、当該無効とされた条項以外の他の条項は有効に存続するものとします。この場合、当該無効とされた条項は、当初に意図された経済的目的が可能な限り達成できる有効な条項に当然に置き換えられるものとし、利用者は予め同意するものとします。
  2. 利用者は、運営会社の書面による事前の同意なく、本規約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることができません。また、運営会社は、本アプリ等に係る事業の全部又は一部を第三者に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本規約上の地位、本規約に基づく運営会社の権利及び義務並びに利用者の情報等を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者は、かかる譲渡につき予め同意するものとします。
  3. 本規約は日本法に準拠し、日本法に従って解釈されます。また、本規約及び利用者による本アプリ等の利用に起因又は関連して生じた一切の紛争及び問題については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。本規約は全て日本語により表示され、日本語のみにより解釈されます。

 付則 2018年12月7日制定実施
    2018年12月12日に一部改定